上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
びぎんのランチ

日替わりランチの果てしなき探求者の私が

参ったここの原価はどうなってんのやろ

って思ってしまうような凄いランチを発見しました

そこは愛媛県鬼北町(旧広見町)近永駅の近くにある『びぎん』

最初のきっかけはタウン情報まつやまの読者投稿に出ていて

自宅から25分程度で行けるので、ランチの鬼の虫が疼いてきたので

行ってみたところ

すす凄いの一言

まず最初にプリプリの刺身の盛り合わせ(カンパチ・まぐろ)

もうこの時点でええー!

品数も多く、白身魚の甘酢・サバのフライ・冷奴・味噌汁・出汁巻き卵

これでありえない500円ポッキリ

絶対原価70%ぐらい行ってるはず

今では週に一回のペースで行ってます

っていうか今日も奥さんと二人で行ってたりして
 
スポンサーサイト
2009.09.29 Tue l 未分類 l COM(4) TB(0) l top ▲
やすらぎの里

ここは最近我が家のお気に入りの温泉

『津島やすらぎの里』

自宅から県境を越えて約50キロありますが、四万十から一番近い町が

宇和島なので、なにかあれば宇和島です

なんでここを知ったかは、私の職場の道の駅にお越しいただいたお客様の情報

お互い温泉好きで情報交換してナイスな情報をいただきました

この方は52歳(今の私と同じ年齢)で京都の一流ホテルの料理長をリタイヤされ

Iターンで宇和島の南の三浦半島に移住され

ご夫婦でまさに『悠々自適生活』

先日も道の駅に食事にお越しいただいて

「どうして52歳の若さからリタイヤして生活できるんですか?」 とお聞きしてみると

一言『お金を使わないこと

で 最近は講演のオファーがあるそうです

リタイヤ後の理想的な人生設計だと思いませんか?

私と同じ関西出身で元ホテルマンで田舎暮らしで温泉好きという共通点いっぱいなのに

私はまだまだ一線で働かないと食べていけない

えらい違いやー(まあ当然実力と考え方の差でしょうが)

で 肝心の温泉の内容は

泉質がとにかくヌメヌメしていて泉質は四国でも指折り!

設備や広さも充実していて愛媛の日帰りスーパー銭湯では

松山の利楽と双璧ですね

これで600円は安い!

そして無料の足湯もありますよ

[高画質で再生]

津島やすらぎの里

[広告] VPS

一度足を運ばれては





2009.09.15 Tue l 未分類 l COM(4) TB(0) l top ▲
安森同入口拓磨60

ここは愛媛県の鬼北町(旧広見町)にある

『安森洞』

前から一度行ってみたかったところです

そんなに大きくない洞窟ですが

こんこんと泉のように水が湧いていて

涼しい

そしてなにより無料がありがたい

湧き水でできた泉のニジマスの釣り堀や

一番の目的湧水のそうめん流し


[高画質で再生]

安森洞そうめん流し

[広告] VPS


出汁最高
2009.09.01 Tue l 未分類 l COM(2) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。